症例紹介



私共の診療チームでは、患者さん一人一人の目標に合わせて治療方針を決定しております。これまでの代表的な症例をご紹介いたします。

下肢リンパ浮腫(60代女性・子宮がん術後)

【60代女性 子宮がん術後の両下肢リンパ浮腫】

18年前に子宮頚癌に対して広汎子宮全摘術、リンパ節郭清術、放射線治療術を受けました。治療後から、両下肢リンパ浮腫が出現し、保存療法を行いましたが徐々に症状が悪化しました。ここ数年は年4回程度の蜂窩織炎(40℃程度の発熱)が起こり、また、リンパ漏が下腿裏面や大腿内側から持続している状態で、圧迫療法を行うことも、社会生活を送ることも大変難しい状態でした。当診療チームにおいて、2回の局所麻酔下リンパ管静脈吻合術を行い、蜂窩織炎が起こらなくなったことで圧迫療法を行えるようになり、浮腫の改善に加えて、リンパ漏も消失しました。

治療のポイント1 (画像診断/リンパシンチ)


私共の診療チームは、医学的データに基づき、患者さん一人一人の目標にあった治療方針を決定しております。

そのために、患者さんご自身のリンパ機能を知ることが重要です。当院では全症例に対して、リンパシンチ検査を行い、リンパ機能を評価の上で、治療方針を決定しております。上記患者さんは、著しい浮腫に悩まされていましたが、良好なリンパ機能が残存しており、LVA(リンパ管静脈吻合術)の有効性を確認したうえで手術を実施しました。

治療のポイント2(豊富な医学データ)


私共の診療チームでは、年間400件(肢)以上のリンパ管静脈吻合術(LVA)を実施しております/平成30年。全例において、治療効果の科学的解析を行っており、日々治療成績の向上に努めています。この豊富な治療データを基に、患者さん一人一人の治療方針を決定しています。これまでのリンパ浮腫治療は、「足を高くして寝てください」、「温泉はやめてください」、「スポーツは避けてください」という行動制限によりなされていました。

 

当診療チームの治療方針は、適切な治療(保存療法、ダイエット、外科治療等)を行うことで、日々の生活を積極的に楽しんでいただくことにあります。私共の患者さんたちは、フルタイムでの立ち仕事に勤務されている方もおられますし、マラソンや登山、世界一周旅行に挑戦されている患者さんもおられます。人生の楽しみとして、80歳で日舞や社交ダンスを毎日楽しんでおられます。豊富な科学的データを積み上げることで、リンパ浮腫の治療は大きく変わってきました。

治療のポイント3 多職種チームワーク


当診療所は、JR東京総合病院リンパ外科・再建外科、ベテル南新宿診療所、名古屋第二赤十字病院リンパ浮腫セラピストチームとの連携を重視しています。私共の10年におよぶ治療データの解析では、外科治療だけで著効する患者さんは約7%に留まっています。適切な保存療法や、体重コントロールが、治療効果を最大限に向上させるカギになります。

そのために、各施設のプロフェッショナルなスタッフとの連携がとても重要となります。モミの木診療所からJR東京総合病院、ベテル南新宿診療所は徒歩5分以内に立地しており、スタッフ交流も活発で、細やかな連携が可能となっています。

下肢リンパ浮腫(50代女性・子宮がん術後)


青森県より来院された50代女性のリンパ浮腫患者さんです。地元にリンパ浮腫を診てもらえる医療機関がないということで、当診療チームを受診されました。年間3回程度の蜂窩織炎に加えて、蜂窩織炎を発生することを恐れて、必要最小限の外出に控えていました。自宅で過ごす時間が長く、ストレスが溜まってしまうということで体重も徐々に増加し、それに伴い、リンパ浮腫も悪化し続けていました。

リンパシンチ検査にて、リンパ機能評価を事前に行い、リンパ管静脈吻合術(LVA)が有効であることを確認しました。局所麻酔下にLVAを実施し、蜂窩織炎の発生を抑制したところで、保存療法の強化と、体重コントロールを目的にJR東京総合病院にて、約4週間のリンパリハビリ入院を行いました。心臓が運動負荷に耐えられることを確認の上で、徐々に運動強度を上げ、最終的にはJR東京総合病院と連携しているジェクサー新宿店にて一般の方々と共にスポーツを楽しむことができるようになった段階で退院となりました。

 

退院後は蜂窩織炎も発生せず、体重も減り続け、浮腫も改善し続けている状況です。青森に帰ってからも、日ごろからスポーツを楽しまれているとのことです。外科治療と保存療法、運動療法の併用にて浮腫・蜂窩織炎は改善しました。

治療のポイント1 (蜂窩織炎の抑制)


当診療チームにて、リンパ管静脈吻合術(LVA)治療にて蜂窩織炎(患部の発赤・疼痛、38.5℃以上の全身のはつね)の発生確率が約1/8に抑えられることを科学的データとしてまとめました。現在の治療成績は、90%を超えております。年間2回以上の蜂窩織炎を発症される患者さんには、LVAをお勧めしております。蜂窩織炎を抑えたのちに、保存療法を強化することで、より安定した状態で浮腫・蜂窩織炎・痛みの治療が進みます。

治療のポイント2 (体に負担の少ない治療の提案)


当診療チームでは、局所麻酔でのリンパ管静脈吻合術(LVA)を実施しております。手術の切開創も約1-3cmでと、体の負担はとても小さな手術となり、90歳を超える患者さんや、心臓などに問題を抱える患者さんでも手術が安全に実施できております。

 

術前に超音波装置(エコー)や、ICGリンパ管蛍光造影装置を用いることで、正確に集合リンパ管や吻合先の静脈の状態(位置関係・サイズ・機能)を確認することで、10年前に10か所吻合していた成績と、現在の3か所吻合する成績が同程度になっています。手術前にこれらの画像診断を行うことで、手術時間も半減(約2.5から3時間程度)し、傷のサイズや、数も減っています。重症リンパ浮腫患者さんにおいても、良好なリンパ管を見つけることができるようになってきました。

治療のポイント3(運動療法と体重コントロールの併用)


モミの木診療所では、JR東京総合病院リンパ外科・再建外科との連携で、入院(最長4週間)による保存療法・運動療法・体重コントロールを行っています。リンパ管静脈吻合術(LVA)の治療において、効果が出にくい患者さんは2つのタイプがおられ、1つ目は適切な保存療法が実施できていない方、2つ目は体重コントロールがうまくいっていない患者さんになります。

 

外来にて保存療法や、体重コントロールを実施するも、うまくいかな患者さんについては、入院での治療をお勧めしています。退院後も適切な保存療法、運動、体重コントロールができるよう入院プログラムを組んでいます。

下肢リンパ浮腫 症例(30代女性/子宮がん術後)


モミの木診療所では、LVA術後に肥大化した脂肪組織が残存する患者さんに対して、JR東京総合病院リンパ外科・再建外科との連携で、肥大化した脂肪組織を切除する象皮病根治術(全身麻酔)を実施しております。事前の超音波検査にて、リンパ管が残存している部位は脂肪切除を行わず、リンパ管がなくなっている部位を中心に脂肪を切除していきます。超音波検査の導入により、リンパ管機能を温存したままで異常に肥大化した脂肪組織を切除することができるようになってきました。

治療のポイント1 (超音波下の象皮病根治術)


超音波検査を用いることで、リンパ管の状態が詳細に把握できるようになってきました。脂肪除去する部分は、集合リンパ管が存在していない部位を中心に行います。

治療のポイント2 (lVAとの併用)


当診療チームでの象皮病根治術は、リンパ管静脈吻合術(LVA)術後に行います。LVAにてリンパの流れを改善したうえで、肥大化した脂肪組織を切除することで、術後の成績が安定します。

上肢リンパ浮腫症例 (50代女性・乳がん術後)


12年前に右乳癌に対して乳房切除術、リンパ節郭清術、放射線治療術を受けました。治療後から、右上肢のリンパ浮腫が出現し、保存療法を行いましたが、症状が徐々に悪化しました。ここ数年は年間10回以上の蜂窩織炎(40℃程度の発熱)が起こっている状態で、社会生活を送ることが大変難しい状態でした。当診療チームにおいて、局所麻酔下リンパ管静脈吻合術を2回行い、術後は浮腫の改善に加えて、蜂窩織炎もほぼ消失しました。


症例

リンパ機能(リンパシンチ検査結果)に基づいて、患者さんごとの手術計画を立てます。保存療法や、手術(LVA等)を適切に組み合わせることで、これまで治療が難しいとされてきた超重症リンパ浮腫も治療ができるようになってきました。以下にご紹介させて頂きます。